忍者ブログ
バックパッカーズ的ブログ
[1005] [1004] [1003] [1002] [1001] [1000] [999] [998] [997] [996] [995]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2日間に渡るWorkshop in Moco Ballet が終わった。
なかなかハードな2日目だった…

初日は朝からの移動とコンテンポラリーバレエ2本と言う普通のハードさ。
2日目は、あるイベントを子供達と開催し、その後クラス3本。
終了後は足ガクガクで疲労困憊…
しかし彼女達のクラス中の充実した笑顔や輝きを見れたのは得難い時間だった。

そしてそのイベントとは、かねてから企画されていた、竜太先生と花見をしよう!改め、時期がズレ込んだのでピクニックをしよう!と言うもの。
まずピクニックスタートと言う時点で苦戦は予想されていたのだが…
集合するなり小学生の生徒が、「竜太先生、足早い?」と聞いて来た。
そして場所に着くなり、
「鬼ごっこしよう!鬼は先生ね!」
かくしてピクニックと称した大運動会が始まったのだった。
しかし今時の子供達も鬼ごっことは意外だった。
東京の小学生は鬼ごっこをするのだろうか?
携帯ゲームやカードゲーム等が持て囃されてる昨今、純粋に走り回り勝利を勝ち取るゲームを盛り上げてあげるのが大人の使命だ!と。
手を抜けない僕の性格が更に彼女達の闘志を燃やした。
毎回鬼は僕から始まる。
1ゲーム終わると汗だくの僕は休憩を言い渡す。
数分後「先生、もう一回鬼ごっこしよ〜!」となる。
鬼は竜太先生だ…それが繰り返される。
また休憩中の僕の手を握り、キラキラした眼で「竜太先生お願いだから、もう一回鬼ごっこ…」
鬼は竜太先生だ。
もはや僕には彼女達が鬼に見えてくる…
「もうそろそろ違うのやらない?」
「良いよ!じゃあ、けいどろ!」
(警察と泥棒になり追いかけ回す遊び)

「一緒じゃああああ!」

かくして凄まじい3時間が過ぎ…
彼女達の鬼退治は終わったのだった。
PR
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新TB
(04/29)
profile
HN:
BACKPACKERS :Ryuta
性別:
男性
職業:
舞踊家、冒険家、振付家、映像作家、野心家
リンク
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]